金利が低い制度融資はどうしたら受けられる?

金利が低い融資が良い

どこから資金を借りるのか

融資とは、資金を借りるという意味です。
もらえるものではないので、勘違いしないでください。
どの機関を利用した場合でも、融資されたら必ず返済しなければいけません。
そして大抵は金利が発生し、借りた金額よりも返済する金額が大きくなります。
返済の負担を削減したい人は、銀行や国からの融資を利用してください。
他にもノンバンクという機関から融資を受けられますが、そこは金利が高いのでおすすめできません。

銀行や国に融資を相談すると、審査を受けます。
自分が信頼できて、借りた金額をきちんと返済できる人間だとアピールしてください。
ここで返済の見込みがないと判断された場合、融資を断られるので大事なポイントだと覚えておきましょう。
特に事業計画書が大事です。
さらに返済計画書も作成して、提出してください。
全ての書類は、丁寧に作成することを心がけましょう。
せっかく作成しても、字が汚くて読めなければ意味がありません。

また資金繰り表や他の金融機関からすでに資金を借りているなら、その表も作成しましょう。
資金繰りがうまくいっていないことや、負債をたくさん抱えていることはマイナスのポイントになります。
新しい事業を成功させて利益をたくさん得られる見込みがあるなら、融資してくれるケースが多いです。
都合が悪い情報でも、審査の際には隠さないでください。
隠すのが一番いけない行為で、こちらの印象が悪くなります。
それが原因で、審査を通過できないかもしれません。

TOPへ戻る