金利が低い制度融資はどうしたら受けられる?

金利が低い融資が良い

>

事業内容を具体的に説明

2つの計画書が大事

まずは事業計画書を作成してください。
これは自分がこれまでにどのような事業を行ってきたのか、さらに今回資金を得て新しくどのような事業を行いたいのか説明する書類です。
たくさんの事業を行い成功させてきたことを証明できれば、銀行や国からも信頼されるでしょう。

審査に通り融資されたら資金を返済しなければいけないので、どのようなペースで返済していくのか、それをまとめた書類を作成しましょう。
計画書があれば、返済を忘れることも少なくなります。
毎月しっかりと済ませられるので、滞ることを避けられます。
さらに銀行や国に、計画性があることをアピールできるメリットもあります。
複数の書類を提出しますが、この2種類の計画書が特に大事だと理解してください。

丁寧な字で書くこと

時間に余裕を持って、書類を作成しておきましょう。
焦っていると内容がおかしくなったり、字が汚くなったりしてしまいます。
雑に書いてしまうと信用が低下し、資金を融資してもらえないので気を付けてください。
綺麗な字を書けないことにコンプレックスを抱いている人が見られますが、1文字1文字ゆっくり丁寧に書けば、綺麗で読める文字になります。

また計画書は、簡潔にわかりやすく説明することを忘れないでください。
書きたいことがたくさんあるかもしれませんが、長文では読みにくく内容が伝わりにくいです。
書類を書き終えたら見直しをして誤字脱字がないか、さらに削れる部分がないかチェックしましょう。
余計な部分を削ると簡潔で、読みやすい文章になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る